中途採用求人のチェックポイント

厳しすぎて仕事を選んでいる場合ではないかもしれませんが、中途採用求人を探す場合はいくらかのチェックポイントを確認しておかないとならないことがあります。

中途採用求人のチェックポイント

厳しすぎて仕事を選んでいる場合ではないかもしれませんが・・・[男性 38歳]

厳しすぎて仕事を選んでいる場合ではないかもしれませんが、中途採用求人を探す場合はいくらかのチェックポイントを確認しておかないとならないことがあります。
まずは求人の広告自体に注意するこことであります。というのも世の中にはいい加減な企業がたくさんあって、ろくに最低限の教育すらしないで、いきなり即戦力で高い成果を求めすぎる企業が多すぎるのです。
その結果としてすぐに結果が出ないとすぐさま使い捨てるところがあります。だから、年中募集している企業はその可能性が多分高いので避けることです。

その次は若さを強調しすぎる表現の広告や、年収何万円以上可能、というような表現は要注意です。
というのも会社というのは若い人もいれば、中堅やベテランがバランスよく配置されて相応の効果を出すというものです。

ところが若い社員が極端に多いということは、中堅やベテランが少ないことなので、なんとか入社はできても長年勤務できないことを意味します。また年収何万円以上可能、ということはあくまで理論なだけで、実際には募集している本人ですら達成できなさそうな、無理なノルマがメインな業務だったりする可能性が大きいのです。

また試用期間ありの表現もダメです。
試用期間が過ぎたとたん、また解雇される可能性が高いです。
これではその場しのぎの勤務しかできませんが、日本では転職回数が多いほどマイナスの評価をされるので敬遠をしたほうがいいのです。

ほかに注意するべきことは、前職の業界や職種と今回応募しようとしている業界や職種が同じであるかということであります。というのも日本では中途の場合は経験を重視します。特に年齢が高くなるほどその傾向が高まります。これまでにどこにいてどれだけの成果を挙げてきたか、そしてどれだけのことを貢献できるかが求められるのです。

しかし未経験の業界や職種だと、ほとんど最初からやり直しも同然にみられるので敬遠される可能性が高いのです。
そのあたりの矛盾を解決できるだけの説得力がなければならないのです。

Copyright (C)2019中途採用求人のチェックポイント.All rights reserved.